徒然なるままに日暮らし〜ババアの読書感想文〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒカルの碁 1〜23巻完結

<<   作成日時 : 2015/09/17 07:28   >>

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

作:ほった ゆみ
画:小畑 健
ジャンプ・コミックス(文庫あり)

日本を代表する漫画誌の1つ「少年ジャンプ」で連載された漫画は数あれど、私の中ではジャンプ系で不動の1位。もっとも少年ジャンプを全て読んだわけではないので、あまり説得力はないですが。私の週刊少年ジャンプ購入歴は、キャプテン翼→聖闘士星矢→スラムダンクで終了。ヒカ碁はコミックス派でした。毎週購入してるときは他の漫画も読んでたので、小畑健さんのことも「サイボーグじいちゃんG」?を連載されてるのを読んでて知ってはいました。今はバクマン書いておられるのかな。
この漫画、世間に空前の囲碁ブームを巻き起こしました。私はかなり遅れて読んだにも関わらず、やはり囲碁を始めるきっかけになりました。囲碁のルールを知らなくても読むのにまったく支障ないのですが、わかって読むとまた面白いです。
主人公のヒカルが明るく前向きで可愛いのですが、そこは少年漫画らしく、挫折があったり落ち込んだりしながら、成長していくんですよね。こんな子供がいたら、お母さんは楽しかろう・・と思ったのですが、作中のお母さんは、高校進学をしないで未知の世界に飛び込んだ息子にハラハラと心労が絶えない様子。たしかに実際はそうだろうなあ。。。
成長したのはヒカルだけじゃない。ヒカルというライバルを得たアキラも成長、そして佐為も現代の囲碁を知り成長・・・でも、ヒカルと佐為が成長するということは、佐為の消滅を意味していたのですよね。つらかった。本当に、その場面はつらかった。
キャラでいうと佐為が好きだったんですが、途中からアキラさんがでばってきて、どうにもならなくなりましたアキラさんの行動たるや、もう。何年も腐海から足を洗ってた私をまた堕落させましたよ、この人!第一部は佐為ちゃんが居たので、「いやしかし、ヒカルと佐為は絶対だし、ないない!アキXヒカとか無い!こんなに純粋に囲碁にまい進してるのにダメダメ!」と耐えていたのですが(その前にまだ小〜中学生だ!)、第二部からはもう、ヒカル以外はアウトオブ眼中なアキラさんに激萌え。いやその、ストーリーとしては第一部が断然好きなのですが、第二部からはオタク心を突いてくる韓国キャラが出てくるわ、アキXヒカ妄想を触発する言動がそこかしこに出てくるわで(中学も卒業したしね・・)、私は足を洗ったはずの腐海に舞い戻ってしまったのでした。このころにはネットが発達していて、アキヒカ同胞を探すのは大変ではなかったです。SAIがネット囲碁をするがごとく、ネットサーフィンで腐海を巡って楽しい毎日でした。ありがとう、ほった先生!小畑先生!(ご迷惑でしょうが、お礼を言わずにいられません)

ヒカルの碁完全版 1 (愛蔵版コミックス)
集英社
ほった ゆみ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヒカルの碁完全版 1 (愛蔵版コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
かわいい かわいい かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒカルの碁 1〜23巻完結 徒然なるままに日暮らし〜ババアの読書感想文〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる