愛情鎖縛

作:吉原理恵子
画:円陣闇丸
キャラ文庫 (BLです)
二重螺旋シリーズ第2作!あらすじを書いてるのでご注意ください。

第2作では、雅紀がねっとりしております。なし崩しに続く兄との関係を拒めない尚人・・そりゃ拒めないよねぇ。「ナオに触れないなら、この家を出て行って帰ってこない」だの、「させてくれないなら、代わりに祐太を食っちゃおうか」だの、もう脅迫ですよ。家出する気も、祐太を食う気も全くないくせに、困った兄ちゃんです。そして、末弟の祐太は兄2人の関係に気付いちゃってます。時間も場所もお構いなしで、雅紀が尚人を食ってるわけですから、同じ家にいて気付くのは当然なのですが・・祐太ときたら尚人の声を聞きながら一人遊びにふけっています。もう、どうしたらいいんでしょうか、この状態。。。
そんななか、尚人が自転車通学の進学校高校生を狙った無差別暴行にあってしまいます。同級生の桜坂くんに助けられ数日の入院ですんだようですが、他にも数人重症の犠牲者がいたため、大事件となりTVニュースになってしまいました。しかも、「カリスマモデルMASAKIの弟が被害者らしい」とリポーターから目をつけられ、過去の悲惨な家庭の不幸話をほじくりかえされることに。
このあたり、もしかして吉原先生はマスコミ嫌いなのかな~と思うような描写です。人の不幸に群がるマスコミをバッサリ切って捨てる勢いの雅紀兄さんはかっこいい。本人曰く「ナオ以外はどうでもいい」そうですが・・本当に尚人以外はどうでもいい、偏りぶりがすごいです。
この巻で、尚人の学生生活が普通なのがわかりホッコリしました。桜坂くんを筆頭に尚人を守る3人、通称番犬トリオの登場です。学校は、尚人が普通でいられる場所なんですね。ちょっと救われます。
そして2巻も終わりの方で、やっと雅紀が尚人に気持ちを伝えてくれました!遅すぎですが、まあ、手遅れな時期ではなかったのが幸いです。2巻目にして、やっと救いの光明が!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント