春画展に行ってきた

画像日本で初の春画展が永青文庫で開催されており、行ってまいりました(平成27年12月23日まで。今後は京都などで巡回予定あり)。
海外では既に何度か開催されていて好評だったようですが、出展元の国であるはずの日本での開催は困難だったらしく、細川元首相の鶴の一声でやっと開催できたようです。永青文庫は、もとは細川家屋敷の一部で、細川氏が理事長なのです。美術に造詣が深い細川護煕氏だけに、展覧会の題字も自ら書く熱の入れよう。春画の滑らかなラインを思わせる、流麗な書。さすがでございます。
入場には18禁の制限がかけられ、購入した図録も「18歳未満の目に触れないよう・・」と注意書きが。グッズも買いたかったけど、買った後のことを考えると躊躇してしまった・・・うちには18歳未満はいないけど、ハガキ誰に送るんじゃあ~郵便配達がビックリするわぁ~、Tシャツどこで着たらいいのじゃ~と混乱して買わずじまい。やっぱり買っとくんだったと、今はちょっぴり後悔しております。
春画といえば、江戸時代の浮世絵師たちが描いた版画が思い浮かびますが、いろいろとあるもんですね~最初に展示してある「あぶな絵」は、裾から手を入れてる程度。そして江戸時代以前の生々しい肉筆画の絵巻物に続き、素晴らしい版画の展示室へ。最後は豆版という小さめの本(今でいう文庫本でしょうか?)
細川家所蔵の春画も最後の展示室に並んでいて、そういえば細川家は大名で、残されていて不思議はない家柄だよな~と思ったり。
今回いちばん見たかったのは、北斎のタコと海女だったんですが、私が行ったときには他のページが展示されていて残念。同じページばかりじゃ、そこだけ傷んじゃうらしく、会期中に展示ページが変わっていくので仕方ないけど、ちょっと悲しかった。近くに展示されていた、エイを襲う漁夫で我慢しましたよ(北斎じゃなかったけど、エイの困り顔がツボでした。)
しかし絵師たちは、顔の表情、手指や足指のタッチに命かけてますな。構図や色彩も素晴らしい。そして肝心な部分を詳細に正確に描写。そうです。もし性教育用とするなら、わかりやすくリアルに描かねばなりません。それなのに全裸が少ない!服は着ていて、そこだけ肌蹴てるのがパターンとしては多いので、逆に生々しいです。肌の露出が多く肝心な部分はぼかす現代とは、真逆にも思えて不思議な描写。この時代の人たちって、あまり全裸でしてなかったのかな?それとも、肌の露出が多いと身分が低いイメージでもあるのか?まあ、見る方としたら、着物の鮮やかな色彩が楽しいので、全裸だと色が限られて面白くないのかもですが。
大変好評らしく、京都で2月ごろに巡回があるようです。ためらってるそこのアナタ!これは芸術なのです!皆さん、感想を言い合いながら楽しく観覧してましたから、恥ずかしがらずにどうぞ!どうぞどうぞ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント