野望(上下巻)・覇者(上下巻)

作:井沢元彦
祥伝社文庫

「野望」「覇者」はセットなので、できたら両方とも読んでいただきたい。けっこう分厚い本ですが、面白くて一気読み。井沢元彦氏は「逆説の日本史」で有名なので、フィクション歴史ものを書いてるとは思わなかった。ちょっとビックリ。戦国時代は信長→秀吉→家康あたりに話が集約しがちなのですが、武田家を中心にしながら、上杉・北条・織田・本願寺の地理的事情や考え方、同盟のあり方などが、すごくわかりやすく頭に入りました。

時間順として、まずは「野望」から。
武田信玄のもとに名軍師「山本勘助」が来たところからスタート。諏訪攻略を献策し、見事に諏訪を手に入れた武田家はとんとん拍子に天下を狙う戦国大名に成長。そんな軍師勘助を師と仰ぐ春日源五郎(のちの高坂弾正)は、自分を叱咤しながら頑張る文武両道で美しい若武者です。才気あふれる美しい高坂をクローズアップかと思って喜んでいたら、諏訪の姫の配下である誠之助が登場して、主人公役がバラけた印象に。
この誠之助が好きになれず、全く感情移入できなかった点が、私個人は残念でございました。それから、諏訪の姫のことも信玄に都合よく書いてあるような気がしちゃうのも残念。子供ができたからって、一族を滅ぼした相手を好きになるか?まあ、人それぞれかもしれないですが、最初の気が強い女性という設定からは理解できない。他の男子を暗殺して、我が子に武田家を乗っ取らせて・・という方がまだわかる。ありきたりですかね?でも結局、跡取りは勝頼だったし。。
「野望」は、有名な川中島の戦いで、勘助が討死するあたりで終了です。

続いて、「覇者」。
誠之助は、諏訪を滅ぼした信玄を憎み、信玄と敵対する織田信長に仕えることに。しかし、仇の信玄は病死。仇が死んだ後も戦争にあけくれる中で、家庭を持った誠之助は徐々に心境に変化が。
信玄の死後、「お館様」になった勝頼。もともと世継ぎと周知されてなく、父が偉大なだけに気の毒な印象が。最近では武田勝頼を見直すような話も出てきてますが、ひと昔前まで勝頼と言えば「ダメ息子」の代名詞で、死んだ後まで可哀相なお人。この話でも、勝頼はダメ息子ぶりを発揮していて、高坂弾正や真田幸隆の苦労は絶えないようです。作中で信長の評した通り「政治が下手」な勝頼は、外交ミスを連発し哀れな最期。でも、一つの選択ミスすら命取りになるこの時代に、これだけミスを連発するなら滅亡は避けられない運命だったのかも。
信長が突然本能寺で亡くなった報せを受け、大混乱の甲斐から勝頼の妹姫を救出して、轡を並べる高坂と誠之助で幕。この2人は不倶戴天の敵同士だったのに・・この唐突ともいえる誠之助の心境変化もやっぱりよくわからず。戦争に辟易している描写もありましたが、どうなのかなあ。
おかしい・・すごく面白かったのに、いざレビューを書くとキャラに不満が出てきた。不満だけど、面白かったのでいいんです!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント