シャンペン・シャワー1~6巻完結

作・画:かわみなみ
花とゆめコミックス(文庫もあり)

少女漫画では珍しくサッカーが題材に。連載していたのはJリーグが発足する前ですから、作者のサッカー愛の深さを感じます。
主人公はアドルという男の子で、ジャングル奥地にいたのがサッカーの才能を見いだされ、サッカークラブで活躍、可愛い女の子と恋におち・・・という話だったのですが、途中から濃い脇役が目立ちすぎてアドルの存在が恐ろしいほど希薄に。印象深い3人を挙げてみると・・・
濃い脇役No.1 ジョゼ:アドルと同じFCヴィトーリオの選手。美丈夫だが行動が変わっていて、敵チームのマルロを踏むのが大好き。妻は超絶美女らしいが、顔は出てこない。
濃い脇役No.2 マルロ:敵チームFCサルヴァドールの選手。勝つために手段は択ばない。アゴが割れている。妻は日本人だが、やはり顔は出ない。
濃い脇役No.3 アンドレ:御曹司なのにマルロに憧れて、マルロと同じFCサルヴァドールへ。マルロに振り回されている。
正直、私はもう、この3人のことしか思い出せない。マルロとアンドレなんて、スプンオフで別作品(ダイアモンドガイ)が描かれちゃう人気ぶり。
作者の意図に反しているかもですが、めちゃめちゃ笑わせてもらった作品です。最初は本屋で立ち読みしていたのですが、あまりの可笑しさに笑い声を抑えることが出来ず、仕方なく買って読むことになったという経緯があります。おかげさまで、家では心置きなくゲラゲラ笑って読めました。最初から買えばよいというお叱りはごもっともです、、、すみません、、ちょっと最初は絵が好みじゃなかったんです。読み進んでいくと、この話には、この絵柄で合ってると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント