FLESH & BLOOD 19巻

作:松岡なつき
画:彩
キャラ文庫
病気を治して戻ってきた海斗。大好きなジェフリーに会えるのか?
あらすじ書いてます、ご注意ください。

1・2・3章
人質にされていた親友の息子の居場所がわかって涙するヤン。でもなんだか「よかったね、ヤン」と喜んであげられない気分。ちゃんと会えるまで安心できない!今までのところ、ラウルはロクなことしないもんね。
リスボンではスペイン軍に司令官が合流。いよいよ開戦が迫ってきました。
4・5章
リリーの小屋で、海斗・ナイジェル・キット・リリーが4人で作戦会議です。数々の苦難を乗り越え、ジェフリーへの愛を貫こうとする海斗は強い子。史実通りの火船作戦、そしてウォルシンガムの余命が短いことを告げて、危険なロンドン行きを説得しました!キットなんてロンドンから逃げてきたばかりなのに、逆戻りですよ。
ところでJPからの手紙には何が書かれているのか?ナイジェルはまだ読む気になれないようですが・・アルマダ海戦後に役立つ何か?地元豪農になるアドバイスとか?気になります。
6章
ビセンテが船の欠陥に気付きました!でも何故か修繕案は却下。おかげで、出立前に沈む船が続出して、開戦前からスペイン軍は大損害です。まともに戦えるんでしょうか?
7・8章
海斗たち3人は、ロバート・セシル邸で詰めの作戦会議。いつからロバートはこんなに協力的になったのだろう・・ありがたい。ロバートが女王に火船作戦を献策してジェフリーの恩赦をかけあってくれるそうです
信心深いルーファスが罪悪だと眉をひそめていたジェフリーとの仲を認めてもらい、海斗はじ~んときてます。「なにごとにも例外はあるとメイトは言う」だそうです。う~ん、いい言葉だ。ナイジェルも信心深いから、海斗に恋して苦悩していたのかもね・・
9章
涙の再会!
でもジェフリーは泣かない。キャプテンは泣かない男なのだ。
一方のカイトは号泣です。読んでる私も号泣。会えてよかった!
素晴らしい表紙どおりの再会に、ただ涙するしかない・・って、もうお別れの時間?そうです、ここは牢獄で二人はつかの間会えただけ。半時?半時って何分なの?つらすぎ、切なすぎです
10章
ラウルで始まり、ラウルで終わるのか・・19巻。ラウルの命令で、ヤンはアロンソの船を爆破しに行くことに。ラウル必殺を誓うヤンで締めくくり。ヤンはラウルの裏をかけるのでしょうか?

FLESH & BLOOD 19 (キャラ文庫)
徳間書店
松岡 なつき


Amazonアソシエイト by FLESH & BLOOD 19 (キャラ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント