FLESH & BLOOD 22巻

作:松岡なつき
画:彩
キャラ文庫
ついに始まったアルマダ海戦!史実通りになるんでしょうか?
ネタバレあり。ご注意ください。

アルマダ海戦の初戦。まだ本当に激突してる感じではないですね。
海斗は、史実とのズレを心配したり、スペイン側の被害も心配したり、気持ちがせわしない。でもやっぱり、ジェフリーが、そしてグローリア号の仲間が大事だから、イングランドに勝ってほしくて、いろいろ助言してますが、そう上手くはいかないようです。
人目を憚りながらですが(ルーファスの目を盗んで?)、船内でもいちゃいちゃしている二人。ホントに20巻あたりからBLらしくなって、ありがたいですなあ。ジェフリーを抱きしめて眠る海斗のイラスト、眼福でございます。頭と背中をなでて寝かしつけてる場面ですかね~?
スペインチームは、アロンソのもとからラウルを逃亡させた犯人トマーソが、別の船を自爆させ大変なことに。かつての部下に憎まれ裏切られ、やるせない気持ちが隠せないアロンソ様です。プリマス上陸も阻まれ、一矢報いたいとアロンソが銃口を向けた相手は・・ジェフリー!きゃ~!やめて~!遠くて当たらないとは思ったけど、やめて~!まあ、もちろん当たらなかったのですが、アロンソとヤンに海斗がいることがバレてしまいました。
「生きていたのか」と衝撃を受けるアロンソとヤン。アロンソはビセンテに海斗のことを告げるのか告げないのか?

FLESH&BLOOD〈22〉 (キャラ文庫)
徳間書店
松岡 なつき

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FLESH&BLOOD〈22〉 (キャラ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント