嵐気流

作:吉原理恵子
画:円陣闇丸
キャラ文庫 (BLです)
二重螺旋シリーズ第7巻!以下、ネタバレありです

なんだか、「母は強し」という一言につきる7巻です。世間から極悪人と罵られる息子を、親戚から総スカンを食らってでも守りたい母の一念。そのために、他の2人の息子に憎まれても構わないようです。やれやれ。バカな子ほど可愛いってことでしょうか。秋穂さん「だって、可哀相じゃないの」などと言ってますが、それは孫たちが捨てられたときには思わなかったんですかねぇ・・・思ったけど、あの夫がいて行動できなかったのか・・・?
一方すっかりカップルとしてできあがった感じの雅紀と尚人。これじゃあもう、桜坂くんが当て馬になる気配もないしな~とか思っていたら、突如、いとこの零が浮上してきました。一連の事件から、父の智之がうつになってしまい、尚人に相談を持ちかける零。そして、それが気に入らない雅紀と祐太。
零くんには邪な感情はなさそうなんですが、それでも気に入らない独占欲強すぎな雅紀。どうやら10年間疎遠だったのは親たちの都合だったようで、子供のころ、零と尚人は仲がよかったようです。そのへんも、学校の友達とかとは違って、雅紀が許容できない存在なのかもしれないですね。
著者さま本人があとがきで書いてるように、編集者も嘆くほど、すっかりBLからは遠ざかるばかりの二重螺旋シリーズ。BLから遠ざかっていても結末が気になるし、円陣さまの絵も好きだし、やっぱり読み続けてしまうのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント