おっさんずラブ 第6話を見て(1)

皆様、第6話を見た後、一体どんなお気持ちですごされたでしょうか?
ちなみに私は日曜死んでました。マジで寝れない。もう、どうしてくれる。
5月初めに、まさかここまでハマると予想できなかった自分が脳天気なブログを綴っていて、もはや空笑いしかでてきません。
本当に呑気だ、5月1日の自分、、、この後、大変なことになると言ってあげたい、、、

このドラマのすごいところは、誰も悪くないというか一生懸命で、もうもう全員応援したくなるところなんですよね。もう悪意0という点で完璧。誰もがある程度の気遣いを持っていて自分の気持ちを押し通せなかったり、と思ったら急に暴走したり。悪意がなくても人を傷つけてしまうことはあるわけで、そこが切ないところ。
あるある・・・こういうの商業BLであるある~~~ということもいっぱいで。普通はこんなにかぶせてこないだけで、そこんとこ上手くかぶせているのが、このドラマのすごいところなわけですが。

どこから綴っていいのか混乱していますが、まずは主要キャストから。今回のキャストがネ申だから。

一番光ってるのは、やはり林遣都くん。私、ノーマークだったのですが、この美しさは何?何なの?こんなに繊細な表情の演技がこの年齢で出来るとか、どうなってるの?特に横顔がアメージングな造形美。あの、はるたんがちずちゃん抱きしめてるの目撃してしまった表情と、あと1人夜道を帰る後姿見ました?もう涙が出ました私。そのあとのシーンはもっと泣いたけど。たぶんハマリ役というか、彼はどんな役でもハマってくれる役者さんなんでしょうね。よい子を発見したわ。うふふ。

そして田中圭さん。もちろんノーマークではなくイケメン俳優として私の心のフォルダにはしっかり保存されておりましたが、こんな抜群に演技の間が取れたり顔芸できるひとだったのか・・・と驚き。リアル30代なのに、存在が罪といわれるほどの可愛さを出せるのは田中圭さんだからですね。意外に身体が出来上がっていて筋肉付き具合もよろしゅうございます。おほほ。眼福。そしてSNSから伝わってくる田中さんの現場でのよき雰囲気づくり。楽しそうな現場で、羨ましいでござる。

あと吉田鋼太郎さん。やはり大御所がいるとドラマの格が変わってきますよね。部長モードと乙女モードの切り替えが凄すぎる。舞台俳優の声量すごすぎる。個人的には渋い部長モードがタイプですが、奥さんと作戦会議してる女子会のノリを見てたら可愛くて乙女モードも悪くないなと思い始めました。乙女モードでも野獣味が抜けきってないところもツボです。ヒロインなのにシャワーシーンまで披露頂き鼻血ブーです。

大塚寧々さん。相変わらずお綺麗であられる。しかも可愛い。鋼太郎さんと並んでると、まるで雑誌にでてくるような夫婦像に見えます。夫婦のデートシーンがもう、絵になる絵になる。同世代の私としてはお手本にしたいが顔も体もついていきまへん。はい。

内田理央さん。可愛いとわかってはいたが、さすがというか、やはり可愛い。いまどきの女子の理想型ではないでしょうか。マロくんとデートの時に着ていたピンクの水玉のつなぎみたいな服!あれ着ても許せる体型女子はかなり限られると思うぞ!でもやっぱり、お兄ちゃんや春田と、やいやい言い合ってるときの顔が一番可愛い印象でした。

真島秀和さん。この人もノーマークでした、私。ていうか放送前予告ではミッチーと見間違えてましたです、ごめんなさい!とにかくこの方は、顔・が・い・い!ちなみに眼鏡はかけてて欲しい!眼鏡似合ってる万歳!もうスーツの下どうなってんの!この方のシャワーシーンはこのままないのだろうか・・他の作品を探せばよいのでしょうか?そうだ!この作品だけで、この方を評価するのは難しいので他の作品も探して見ます!

金子大地さん。ハンサム系と思ったら、やっぱりのアミューズ!もうアミュ沼は増やしたくないので勘弁してほしいのですが・・・ときどきアヒル口になっているのが、たまらん可愛いです。そうそうたる俳優陣の中、よく頑張っておられると思います。期待の若手ですなぁ。

あれ?なんだかキャストについて書いてるだけで、すごく長くなってきた。。。読んだら丸わかりと思われますが、私の好みのタイプは真島さんです。いやその、全員好きなんですけどね。ははは。
おかしい、ドラマの内容について書くつもりであったのに。第六話をまだ受け止めきれてないからであろうか?無意識に逃げちゃってる?
それにしても長い、ちょっと二つに分けますね。。。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント