おっさんずラブ 第6話を見て(3)

最終回放送日が近づいて、情緒不安定になり始める・・今日は木曜日
以下は、考察とはいえない、ただの書き殴りです。もはや自分が落ち着くためだけに書いている。

まず、牧君が春田ママの発言に、どうしようもなく傷つくところ。
「早く結婚してくれたら」「孫の顔が見たい」「相手がちずちゃんだといいのに」
ママに悪意はなく、30代独身男性を息子に持つ母親が普通に考えることです。
でも、この「普通」というところに、牧君は打ちのめされてしまう。
「そうですね」と同意することしかできず、「ずっと友達でいてね」と言われても、笑顔で「はい」と言うしかない。
本当に一番の弱点突かれてます。脚本、うまいところで春田ママ再登場させてきました。春田と一緒に帰宅してたら、おそらく「つきあってます!」とカミングアウトして終わりですからね。
しかも、春田がちずちゃんを抱きしめるのを目撃してしまう。
ちずちゃんが告白しようと呼び出したことは知っていて、それでも実家にきてくれた春田を信じて、黙って見送った牧君にしたら、どれほどの衝撃だったか・・・
「結局、幸せじゃない」「春田さんといても苦しい」
もう、見てるこっちが、しんどいオブしんどい。
ま゛き゛く゛ん゛~ま゛き゛く゛ん゛~~~~と2日間くらいは牧君に感情移入しておりました。
しかし、グルグルしていた私の思考もやっと春田の方に向き始めます。

この日、春田は緊張しつつも牧の実家を訪れ、牧父を怒らせ?、帰り道では「牧の家族ともっと仲良くなりたい」と言ってます。そらちゃんに嫉妬した牧君に蹴りを入れられたものの、いい雰囲気だったはずです。
急に呼び出され、小さいころからずっと気になってた幼馴染ちずちゃんの突然の告白をたぶん断って、帰宅すると、何故か牧君が本気で怒っている。
「別れましょう」と突然言われても、わけがわかりません。
「家事手伝う」「お父さんに認めてもらえるよう頑張る」と泣きながら言う春田。
どんなに考えても、春田には牧君が怒る理由がこの2つくらいしか思いつかないからです。
そりゃ、そうだ。母が来たことも、ちずちゃんとの抱擁を見られていたことも、知らないんですから。
理由も告げられず、「もう好きじゃない」と切り捨てられた春田の心を思うと、今度は春田が心配になり、うっうっ、はるたん可哀相・・・一体なんで、こうなった?と、また二日間ぐるぐるしてました。

しかも、1年後に春田が部長と同棲してるのはわかりましたが、牧君はどうしてるのか?
速攻で武川さんのところに行ってしまったのか?もしそうなら、切ないが過ぎる。牧君の手作り弁当を食べてる主任を、今度は春田が見ることになるの?
うわ、だめ、もう耐えられない(注:勝手な妄想で、もがき苦しむ私、末期)もう、吐く。本当に吐く。
部長!やっぱり部長が助けてあげて~!
妄想で苦しむ私は、はるたんでもないのに部長に救いを求めてしまい、このあたりから2人の結婚式写真を見ても「ああ、はるたん幸せそうに笑ってる。良かった」と思うようになり始めました。そう、それが今日、木曜日。
SNSで見たカフェのデートシーンなんて、「まあ、お似合いのカップルだこと」と眺めるようになり、「んだんだ。稲垣吾郎ちゃんとヒロくんの例(注:同棲でもカップルでもないので少し違うんですが)もあるし、部長エンドもありよりのあり」という思考回路に今は落ち着きました。

とまあ、このくらいには私も壊れてきています。
公式様は「全員ハッピーエンド?」のようなことを言っておられるようなのですが、最終回前に何か予防線を自分の中に張っておかないと、土曜日に本当に死んじゃう。
以上、まきハル民を阿鼻叫喚に落とし込んだ、第6話&最終回予告について、綴らせていただきました。

部長エンドなんて書いちゃいましたが、本音はやっぱり牧君でお願いしたい。
お願いしたい~~~!お願いします!お願いします!(泣)












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント