新書太閤記 全11巻

作:吉川英治
講談社文庫ほか

敬愛する吉川英治先生の作品の感想も3作目。三国志、宮本武蔵の次はこれだ!太閤記!吉川先生の秀吉への愛情を感じる作品です。
初っ端から、人たらしぶりを発揮しまくる秀吉。ひょうきんな見た目も有利に働いてる描写です。
信長に始まり、妻のおね、部下の小六、前田利家・・秀吉に完全にハマっています。さらには竹中半兵衛、黒田官兵衛などなど、戦国武将が勢ぞろい。
中国大返しまでは見事なのですが、天下をとってからの秀吉は何かがおかしくなってきたようで、続きがございません。たぶんこの先は書きたくなかったんですね、吉川先生ってば・・
信長を暗殺したとか、植民地支配を避けるためだったとか、いろんな説が出回っていますが、どの説でも一致してるのは、「人たらしだった」というところ。そんなこんなで裸一貫から日本一に上り詰めているわけだから、他のもともとスタートが戦国武士だった人たちをさしおいて、本当にすごいよなと思います。
吉川先生も信長・家康ではなく、秀吉を描いたのは、そんな秀吉の人柄を書きたかったんでしょうか。。


新書太閤記(一) (吉川英治歴史時代文庫)
講談社
吉川 英治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新書太閤記(一) (吉川英治歴史時代文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント