王妃マリー・アントワネット

作:遠藤周作
新潮文庫など

先日、ミュージカル「M.A.」を見たので、原作を久しぶりに読んでみました。
最初に原作を読んだときは「2人のM.A.」と気が付かなかった・・アホです。
でもミュージカル脚本と比べながら読めたので楽しかった!

マリー・アントワネットという誰もが知っている実在したフランス王妃、そして架空キャラですがマルグリット・アルノーという大貧民な少女という2人のM.A.を対比させ、お話はアントワネットの結婚式からスタートして、フランス革命へと進んでいきます。
「何故、彼女(アントワネット)と私とこんなに違う?」と呪いながら、社会の底辺を生きるマルグリット。アントワネットにはアントワネットの苦労があるのですが、表面の豪華さに目を奪われているマルグリットには、そんなこたわかりません。
そして、有名な首飾り事件が起こります。この首飾り事件は色々な小説・映画などで取り上げられているのですが、いつも架空の人物が混在したり、脚色されたりしているので、「それで結局、本当はどうだったの?」と毎度混乱していました。この本は比較的わかりやすく書いてくれており、王妃の替え玉を務めた娼婦役がマルグリットに変わった他は、実在とほぼ同じようです。おバカな私の頭も少しばかりスッキリしました。この事件が王妃の評判がガタ落ちになるターニングポイントとして描かれてます。まあ、首飾りは置いといても、やはり革命は起こったでしょうけど。。
原作は、マルグリットの視点が多いので、彼女の悲惨な日常や心情が遠藤周作先生の巧みな筆で描写されており、あまり読後感がよいものではありません。ミュージカルと違って、異母妹の設定もないし、王妃を憎み続けていたし。そこんとこ容赦ない、遠藤先生。。
物語の後半では、アントワネットが無邪気さを捨てて、夫や子供のために戦い、最後まで誇りを捨てずに断頭台へ向かう姿勢が描かれています。どんなに辛くても高貴に振る舞い、母マリア・テレジアに褒めてもらえそうな立派な最期でした。

ちなみに、今年のミュージカルMA新脚本では、兎のおばさん・修道女アニエス・カリオストロなどが出てきませんでした。登場人物が少なくなって、お話としては筋がはっきりしてわかりやすくなっております。
アニエスの正義感はマルグリット役へと取り込まれた印象で、この正義感や優しさがミュージカルでは効いていて、最後に泣かせる?少し救われる?終わり方でした。2幕では会場のあちこちから、すすり泣きが・・・ハンカチ必携です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント