劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~シナリオブック

作:徳尾浩司
一迅社 単行本(ソフトカバー)
本の感想と言うより、劇場版の感想をば。
映画を見てない人には意味不明な文章です。

劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~ シナリオブック
劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~ シナリオブック


以下、映画・シナリオブック・展のネタバレありますので未見の方は注意です!



賛否両論あるようですが、私は見て楽しかったです。
とにかく「まき好き大好き!」になっちゃってる春田が可愛かった。
たしかに「ここが変だよ!制作陣!」と箇条書きにして突っ込みたくなるストーリーですが、撮りたいシーンをつなげて2時間前後に納めようとしたら、こうなってしまったんだろうなと。
でもまあ、春田から牧へのキスが見られたので、余は満足じゃ。

シナリオ読んでると、本当に役者さんの技量で色々と変わってくるんだなと再認識。この作品のように原作がない場合、役者さんの自由度が広がるし、見てる方も結末がわからなくてハラハラします。最近は、原作人気に頼るドラマや映画が多いので、そういう意味でも新鮮でした。

最後あたりで、ブーケトスを見事キャッチし「黒澤武蔵、幸せになりまぁす!」と叫ぶ部長役の吉田鋼太郎さんの笑顔が最高でしたね。部長は記憶喪失になっても、やっぱり春田に恋するんだなあと感無量でした。ふられちゃったけど、部長は春田のこと永遠に好きでいると思います。展では、シナリオ表紙に「春田が永遠の愛に気付く物語」と書いてあったように記憶してますが、「永遠の愛~forever love~」とは、春田と牧のことだけじゃなく、部長もそうなのかなと思ったりしました。(武川さん、ごめん、でも「愛されるより愛したい」ですよね?)

シナリオブックでは、没稿として「前日壇」が掲載されており、上海渡航前の春田が、牧に浴衣をプレゼントして「来年、花火大会に行こう」と言ってます。あの花火大会が1年越しの約束で、浴衣が春田のプレゼントだというエピソードがあるか無いかで、いろいろ見方が変わってきてしまいます。
こんな風に削られたエピソードやカットが沢山あるかもしれないと思うと、これでもう完結で最後とか、、ヤダヤダヤダヤダヤダーーー!
続編ドラマのseason2とやらで、掘り下げた話はしてもらえないんでしょうか?どうなんでしょうか?テレビ朝○さーん!



"劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~シナリオブック" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。