ごあいさつ

自分の本棚から適当にみつくろって、感想文をアップしています。昔読んだものから最近購入したものまで、順不同です。多いのは、歴史本・漫画・BL本なので、ややオタクな傾向(ちょっと腐もあり)。BL関係が苦手な方は、ご注意ください。コメントは承認制なので反映には時間がかかります。ご了承ください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~シナリオブック

作:徳尾浩司 一迅社 単行本(ソフトカバー) 本の感想と言うより、劇場版の感想をば。 以下、ネタバレありますので見てない方は注意です!無駄に長いです。 賛否両論あるようですが、私は見て楽しかったです。とにかく「まき好き大好き!」になっちゃってる春田が可愛かった。対して牧くんは少し冷静というか・・いや、サウナシーン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進撃の巨人 29巻

作・画 諌山 創 講談社コミックス 情報多過ぎの展開早すぎで、ついていけましぇん。 ピークちゃんもあまり説明してくれなくなりました。 ていうか、ピークちゃんはそれどころじゃないようです。 以下ネタバレあり。未読の方は注意してください。 胸から下が吹っ飛んだジーク。死を覚悟したようですが、何故か復活。 少女ユミル?は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白鳥の湖(マシュー・ボーン)

音楽:チャイコフスキー 演出:マシュー・ボーン (Bunnkamuraオーチャードホール 2019.7.21で終了) バレエダンス感想です。あらすじも書いてますので見てない人はご注意! 先日、マシューボーンのスワンレイクを見る機会があったのですが、予備知識なしで行ったため、いろいろ驚きました。 日本初演は2010年とか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進撃の巨人 28巻

作・画 諌山 創 講談社コミックス ラストで兵長がああ!うわああああん!またもや次巻が待てない! 以下ネタバレあり。未読の方は注意してください。 なんと、前回の27巻感想から何も書いてない私です。このままでは進撃のブログになってしまいそう・・ちょっと他の感想も頑張りたいけど、頑張れないかも・・・一日は何故24時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進撃の巨人 27巻

作・画 諌山 創 講談社コミックス 更に話が難しくなって、更に更に混乱気味の私です。 ピークちゃん、あまり出ないし!誰か、説明してくれ~~! 以下はネタバレあり。未読の方は注意してください。 なんだかねえ・・ガビちゃんが苦手と思っていたのですが、この巻でのガビちゃんが、あまりにも切羽詰まっていて、思い込みが激し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王妃マリー・アントワネット

作:遠藤周作 新潮文庫など 先日、ミュージカル「M.A.」を見たので、原作を久しぶりに読んでみました。 最初に原作を読んだときは「2人のM.A.」と気が付かなかった・・アホです。 でもミュージカル脚本と比べながら読めたので楽しかった! マリー・アントワネットという誰もが知っている実在したフランス王妃、そして架空キャラで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バナナフィッシュ (TVアニメ)

2018年7月から毎週木曜深夜24:55~ フジテレビ系列で放送中 最終話は12/20放送予定! 注:アニメ感想です フジテレビの深夜アニメ制作陣「ノイタミナ」のアニメは、「サイコパス」「うさぎドロップ」など名作が多いらしいのですが、今期は「バナナフィッシュ」です。 全24話のうち、現在22話まで進んでおりますが、おそらく今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Under the Rose 1~10巻以下続刊

作・画 船戸明里 バーズコミックスデラックス(幻冬舎) バラの下には・・・日本的に言うと桜の木の下には・・といったところでしょうか(違)。 19世紀英国が舞台。ロウランド伯爵家について描かれております。 現在の当主アーサー・ロウランド伯爵の子供だけでも8人いるから、登場人物多くてもう大変!正妻アンナとの間に4人、愛人キングと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新書太閤記 全11巻

作:吉川英治 講談社文庫ほか 敬愛する吉川英治先生の作品の感想も3作目。三国志、宮本武蔵の次はこれだ!太閤記!吉川先生の秀吉への愛情を感じる作品です。 初っ端から、人たらしぶりを発揮しまくる秀吉。ひょうきんな見た目も有利に働いてる描写です。 信長に始まり、妻のおね、部下の小六、前田利家・・秀吉に完全にハマっています。さらには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進撃の巨人26巻

作・画 諌山 創 講談社コミックス だんだん話が難しくなってきて、混乱気味の私です。 解説してくれぇ!ピークちゃん! 以下ネタバレ注意です。 明らかに調査兵団の技術がパワーアップしているのですが、その最たるものは飛行船! 飛行船を操縦しているオニャンコポン!どんなネーミングセンス!早速、オニャンポコンと言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おっさんずラブ 最終回

先週1週間の苦しさが嘘のように消え去り、お天気快晴!私の心も快晴! 世界中が輝いて見える~~!幸せすぎて、何でも許せてしまいそう~~! たかがドラマ。されどドラマ。 ここまで見ている人間の気持ちを左右してくださるとは。 最終回については、大大大大大満足で、正直、何も言うことはございません。 ございませんが、制作スタッフと出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おっさんずラブ 第6話を見て(3)

最終回放送日が近づいて、情緒不安定になり始める・・今日は木曜日 以下は、考察とはいえない、ただの書き殴りです。もはや自分が落ち着くためだけに書いている。 まず、牧君が春田ママの発言に、どうしようもなく傷つくところ。 「早く結婚してくれたら」「孫の顔が見たい」「相手がちずちゃんだといいのに」 ママに悪意はなく、30代独身男性を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おっさんずラブ 第6話を見て(2)

前回感想の続きです。 第6話「息子さんを僕にください!?」、タイトル幸せで、途中まで天国だったのに。。ぐすん。 以下、見どころなどピックアップしてから考察に移りたいと思います。セリフはうろ覚え。すまぬ。 ○「俺と牧はつきあってます!」はるたんカミングアウトからの・・・ おおっと、これは!「ちょっと待った」だー! 「ちょっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おっさんずラブ 第6話を見て(1)

皆様、第6話を見た後、一体どんなお気持ちですごされたでしょうか? ちなみに私は日曜死んでました。マジで寝れない。もう、どうしてくれる。 5月初めに、まさかここまでハマると予想できなかった自分が脳天気なブログを綴っていて、もはや空笑いしかでてきません。 本当に呑気だ、5月1日の自分、、、この後、大変なことになると言ってあげたい、、、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おっさんずラブ

2018年4月21日から毎週土曜PM11:15~ TV朝日系列で放送 現在、第2話まで放送すみ。全7話らしい・・見てない人は早く見よう! 注:ドラマ感想です。 時代は、ついに、ここまできた。 とうとう時代が、我等腐女子に追いついたのじゃあ~~~~! と、雄叫びを上げたお仲間も多かろうとしか思えないこのドラマ! いいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進撃の巨人25巻

作・画 諌山 創 講談社コミックス 海の向こうにあるライナーたちの故郷でエレンとライナーが邂逅 以下ありネタバレ注意です。 なんだか話の主軸が、ライナーの葛藤は続くよどこまでも・・な印象に。諌山先生、ライナー好きなのかなぁ。ある意味、主役のエレンや調査兵団より丁寧にキャラを掘り下げて描いているような気がします。別格として兵長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤリチン☆ビッチ部 1-2巻続刊

作・画:おげれつたなか 幻冬舎コミックス BLです 祝アニメ化!ということで感想UPです。 アニメ化に驚いた人も多いであろう、この作品。ファンとしては万歳三唱の気分です!楽しい時世になってきたものだ~~~!長生きしててよかった!万歳! 題名どおりの内容なので、アニメにしてよいのかと、正直、腐りきっている私でさえ驚きを隠せませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進撃の巨人24巻

作・画 諌山 創 講談社コミックス マーレ編でライナーの話が続く。続くと思いきや・・・以下ネタバレ注意です。 発売されてだいぶ経ちましたが感想です!(だいぶ経ってるあたり、私のテンションの低さが現れている・・だって調査兵団出てこないし) ライナーの葛藤を詳しく描写してくれています。そして、世界でのマーレとエルディアそれぞれの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーテン

作:アガサ・クリスティー 訳:清水俊二ほか ハヤカワ文庫 ややネタバレ。未読の方は注意してください。 アガサ・クリスティー作品では、以前に感想を書いた「そして誰もいなくなった」が好きなのですが、「じゃあ、ポアロもの、ミス・マープルものではどれが好き?」という話が、先日持ち上がりまして、うむむむ・・と悩んでしまいました。 ポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more