FLESH & BLOOD 10巻

作:松岡なつき
画:雪舟薫
キャラ文庫
本場スペインの異端審問を海斗は切り抜けられるのか?
あらすじを書いております。ご注意ください。

1・2章
16世紀スペインの異端審問は過酷で、国王フェリペ2世さえ口出しできない様子。海斗はスペインでも牢に入れられちゃいました。とほほ。イングランドでは、エリザベス女王のお気に入りで、ドレイクなど有力人物が味方でしたが、スペインでは周囲は敵だらけ。唯一の頼みはビセンテのみですが、彼はスペイン宮廷での権力が今一つですから、海斗が絶望的になるのも無理はない。心配したフェリペ2世が腕のたつ弁護人ラウルをつけてくれました!陛下、優しい!
3章
キット(マーロウ)が坊主に変装するため断髪です。どうせならザビエルみたいなカッパ頭にしちゃえばいいのに、それはイヤだそうです。キットのくせにね!
そして敵国スペインへ潜入するため、ジェフリーも髪を切っちゃいました!ぎゃあああ、キャプテンの金髪長髪がぁ!読者の私はもちろん、ルーファスまでショックを受けちゃってます。ん?キットの髪はどうでもいいのか?い~んです!(BYナイジェル)
4・5・6・7・8章
ラウルは曲者チックで不気味なんだけど、そのラウルの弁護のおかげで海斗は牢屋から僧房に移れました。これで次の審問まで少し快適に過ごせそう・・と思ったら、海斗毒殺未遂事件が発生です!ちょっと松岡先生!海斗、ひどい目にあい過ぎじゃないですか?
毒を吐かせて意識のない海斗に人工呼吸するビセンテ。また役得だよ・・と思いきや、やはりビセンテには自覚なし。二重間諜であるラウルから、イングランドのウォルシンガム閣下から海斗毒殺命令が出ていることを知り、海斗の食事は毒見してある陛下のお下がりをいただくことになりました。中世ヨーロッパな肉食メニューに海斗うんざりしています。病人に肉責めはきついよ。肉責めで元気になるのは、カリオストロのルパン3世かワンピースのルフィくらいだろうよ。。
9章
異端審問が再開されました。男色の疑いを晴らすための身体検査をされる海斗・・・いくら無罪になったとはいえ、もうこれ、屈辱以外の何ものでもない・・・おかげで、ジェフリーと結ばれていないことがビセンテにばれちゃいましたが、これがどう影響するのか。
10章
マドリードに潜入しているジェフリー達に、エボリ大公夫人アナのところに海斗が移送されることを、間諜「蛇」が伝えに来ました。「俺たちもパストラーナに行かなきゃ」というわけで、舞台はパストラーナへ移るようです。
FLESH&BLOOD 10 (キャラ文庫 ま 1-20)
徳間書店
松岡 なつき

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FLESH&BLOOD 10 (キャラ文庫 ま 1-20) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント