あさきゆめみし1~13巻完結

作・画:大和和紀
講談社コミックス(文庫あり)

日本が世界に誇る恋愛小説「源氏物語」を漫画化。ベースは源氏物語なんですが、これはもう大和和紀さんの世界になってしまっているので、大和和紀さん作と表記させていだきます。本当に源氏物語をわかりやすくしてくださって。ありがたい。
とにかく人物の描き分けが大変だったのではないかと・・・登場する女性が多くて、髪型も服装も同じで、顔に特徴を持たせなくてはいけない。しかも「そっくりだ」とされる桐壷・藤壺・紫の上3人は頻繁に登場するので、本当に大変だったのではと苦労がしのばれます。十二単を描くのは楽しいかもだけど気が遠くなる作業と思いますし。いやでも、さすが大御所、見事に描き切っておられます。
よく考えると酷い話なんです。フィクションとはいえ、天皇家のスキャンダルともいえる話。一般の恋愛と考えても酷いなと思ったり。でも、恋愛すると非常識も気にならなくなるから、仕方ないのかも。キレイなだけじゃない、さまざまな恋愛の形を、つぎつぎ繰り出してくる源氏・・というか紫式部の手腕には脱帽です。
源氏は多くの女性と恋におちますが、本当に紫の上が一番だったのかな~と勘ぐってしまいます。本命は藤壺で、紫の上は身代わりだったとか。それどころか、当初は藤壺に母の面影を求めていたわけだから、本命と思う藤壺すらもフェイクで、実は究極のマザコンかと考えたり・・・いや待て。「桐壷に似てる藤壺と源氏も姉弟のように似てる」という設定ですから、もしかして源氏は自分が好きなんか?ナルちゃんですか?
こんなどうしようもない源氏ですが、とにかくイイ男でオシャレでイキなので、老若男女が彼のとりこに。もう、何をしても許されちゃうみたいです。それに縁をもった人を放っておけない優しさがあります。周りが放っておかないし、源氏もいちいち優しく答えているから、愛人たちの心境は複雑に。独り占めしたいタイプの六条御息所は耐えられず、自分から別れることを選んでしまってますね。
千年ちかく読みつがれる物語。千年たっても、恋の悩みは変わらず尽きないということなんでしょうか。
源氏が亡くなった後の、息子世代である薫や匂の宮になってからは少し華がない感じがします。やっぱり主人公源氏の魅力が欠かせないのかも。この終わりごろの話って、なかなか読めなくて「結局、どうなったんだろう」とぼんやりしてたんですが、漫画ではちゃんと読み切ることができてスッキリしました。源氏物語から派生した小説や漫画は非常に多いのですが、これが一番わかりやすかったです。おすすめ!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント