ぶつぞう入門

作・画:柴門ふみ
文春文庫

柴門さんは「東京ラブストーリー」「あすなろ白書」などドラマ化でヒットをとばした漫画家というイメージなのですが、これはエッセイ。しかも題材は仏像。本屋さんで見たときは「へえ~?」でしたが、面白そうなので購入し、電車内で読むことに。
仏像のイラストを混じえながら、仏像探訪していく様子が如実に書かれていて、わかりやすかったです。絵が描けるエッセイストっていいですよね。仏像って、なんだか照明が暗いことが多いじゃないですか。写真の印象と実際に見た感じが、全く違って頭にきちゃうことがあるんですが、絵だとそういう先入観もなく見れていいなと思いました。一つ一つ特徴をとらえてるし。
読み進んでいくにつれて、初心者だった著者が少しずつ仏像に詳しくなっていき、最終的には慶派の仏像に傾倒していく様子も面白かったです。私も慶派は好きですが、定朝も好きなんで、サイモンさんとは少し好みが違うのかもしれません。拝観料の話や拝観時間の話も出てきて、ちょっと疑似体験した感じになりつつ読めるのも嬉しいですね。読んで、行った気分になって、満足しちゃったり。
仏像とお寺の案内もしてくれているので、ガイドブック代わりになるかも。ちょっと偏ってるけど、大物はおさえてくれてますから、仏像好きは一読の価値ありじゃないでしょうか?

ぶつぞう入門 (文春文庫)
文藝春秋
柴門 ふみ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ぶつぞう入門 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント