進撃の巨人19巻

作・画:諌山創
講談社コミックス
1~18巻については2016/3/23を参照(あまり書いてないですが)

実はTVアニメを見てから、進撃に脳内が大量汚染されており、最近他の感想が止まってます。いつも読んでくださってる方、ごめんなさい(いるのか?)。
とくに19巻を読んでからは続きが気になりすぎて、ついに月刊誌の別マガ(別冊少年マガジン)に手をだしてしまった!コミックス化を待てなくなった、我慢のきかない私。しかし、別マガを読んでも、更に余計に続きが気になるという悪循環。続きが気になる病気は、まったく改善されず、気分は泥沼です。
もちろん主役のエレンや104期の皆さんも心配なのですが・・ハンジさんがぁ!エルヴィン隊長がぁ!リヴァイ兵長がぁ!いやぁぁぁ!どうしたら!どうしたら、いいの~~!私の好きなキャラたちが大変なことに!
先が見えず不安で、つらい心境になる漫画は久々なので、もはや若くないババァの私には結構なストレス。だって!読んでるときに、動悸が出て、汗までかいちゃうんですよ!もう、心臓に悪すぎ。諌山先生は読者を生殺しにしたいのか?そうなんか?
これまでの流れから、「よかったよかった、めでたし」などという、平和でハッピーな結末など期待できそうにないので、余計に不安が募る・・・
まだ回収されてない伏線や謎が残っているので、まだまだ大丈夫と思いたいのですが、重要なキャラでも容赦なく酷い死に方、もしくは軽い死に方させちゃう諌山先生なので、安心できない(ファンとしては、酷いのも軽いのも辛いのだ)。今回19巻で回想に出てきたマルコも読んでて辛かった。
単行本ごとに読むには、もはや辛すぎになってきたので、これからも頑張って毎月読ませていただくであります!とういわけで、コミックスでは変な予告を楽しみに・・でも、あの「ともだち」は本当にキモ怖いので、そろそろ他のネタでお願いしたいです。先生。。


進撃の巨人(19) (講談社コミックス)
講談社
2016-04-08
諫山 創

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 進撃の巨人(19) (講談社コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント