ずっと、愛してた嘘

作:花川戸 菖蒲
画:皇 ソラ
リリ文庫
BL小説です。結構ネタバレしてますので、未読の方はご注意ください。

これはですね、すれ違い愛&執着愛が萌えポイントです。
初めからず~っとお互いがお互いに惚れていたのですが、第三者の助けもあって、ようやく最後にちゃんと両想いになれました。めでたし。
叡一は悠人への恋を自覚してるにも関わらず、高校生時代は素直になれず苛めまくり。なんと苛めすぎて悠人は登校拒否に!しかもそれが原因で両親は離婚!母子家庭の苦学生となった悠人は、数年後に合コンで叡一と再会。ところが、痩せて別人のように美しくなった悠人に叡一は気付かない!気付かないまま自分に恋した様子の叡一に、残酷な復讐を思いついた悠人でしたが・・・
もちろん復讐とは、自分に夢中にさせておいて残酷に振ることでした。計画通り、上手く復讐できてご満悦な悠人でしたが、この直後に内定切りにあい、母子ともども路頭に迷う状況に・・ここで叡一を頼ってしまうのがなあ・・でも、親孝行したい気持ちが勝って頼っちゃうんですよね。
この時点で叡一が、「じゃあペットになれ」とかおかしな条件を出さずに、ひたすら広い気持ちで優しく対応してくれたらねぇ・・私は首輪とか鎖とかが苦手なので、この辺りはちょっとイヤな展開。当然、二人の関係も歪んでいきます。
最初から事情を知っている学生時代からの友人・梓がいなければ、この二人ってばどうしてたんだろ・・と思ってしまいました。梓の解説により、二人とも最初からお互いにべた惚れでバカバカしいということが判明!事情を知って、悠人が素直になってくれたのが本当によかった!素直になった悠人に叡一がメロメロになって終了でした。おかげさまで読後感はかなり良かったです!


ずっと、愛してた嘘 (リリ文庫)
大誠社
花川戸 菖蒲

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ずっと、愛してた嘘 (リリ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント